屋久島永田の塩 えん を作っています。

屋久島にある塩の製造所です。

 

島の北西部、永田集落に塩小屋をかまえました。永田港の中、岳之川発電所の近くです。前浜、いなか浜、四ツ瀬浜が見渡せ、右を向くと永田岳がそびえています。海の向こうには、開聞岳、竹島、硫黄島、黒島、口永良部島が望めます。天気がいいと、言うことなしのところです。

 

屋久島の地杉など、木材を燃料に海水を炊いています。薪がこれだけたくさんあると、心に余裕がうまれます。製材所の背板はよく燃えますが、火持ちが悪いのが難点。せっせと釜にくべます。

イメージ写真:屋久島永田の塩「えん」
写真:塩作りのわ製材所の様子

屋久島永田の塩(えん)・にがり商品案内

屋久島永田の塩 えん

リンク画像:商品案内・屋久島永田の塩「えん」

屋久島の土産物屋、宿泊施設、商店などで販売しています。

  • 50g入り:220円(税込)
  • 150g入り:470円(税込)

まとめてほしい方は、お問い合わせください。量り売りもいたします。

にがり

リンク画像:商品案内・にがり

我が家では、風呂に入れたり、畑にまいたりしています。

ご飯を炊くときに何滴か入れるとおいしくなるらしいです。我が家でも毎回入れて炊いています。摂りすぎには注意しましょう。

SEACRYSTAL

リンク画像:商品案内・SEACRYSTAL

塩の結晶を小瓶に詰めてみました。

  • 1個450円

塩には浄化作用もあるらしいので、好きなところにぶら下げてときどき眺めてみてはいかがでしょうか。 


お知らせ

ゆめりあ

 鹿児島市でも「えん」が買えるようになりました。

 売っている場所は、ゆめりあ です。ゆめりあは、天文館、天神おつきやぴらもーるにある、まちの駅です。農産物など、県内の商品が並んでいます。

 塩は、坊津の華も売っています。僕が塩作りを始めるときに見学に行き、やり方を教えてもらったのが、坊津の華です。とてもよくしてもらった所ですので、こちらもよろしくお願いします。ちょっと奮発して、どちらも買って、塩を使い比べていただけるとうれしいです。

ぷかり堂

ぷかり堂で、永田の塩えんが買えます。

ぷかり堂は、屋久島空港近くにある、すっきりした感じのお土産屋さんです。塩を持って行くたびに、店員さんが、この塩はおいしいと言ってくれるので、いつも嬉しくなります。希望価格で売ってもらっているし。

品物を出す人にとっていいお店は、きっとお客さんにとってもいいお店だと思います。

 

スイカ

 友達からスイカが送られてきました。山川の徳光スイカ。鹿児島では有名なスイカです。

 まだ5月ですが、今日みたいに暑く、汗をかいたときにはスイカが1番。中心に近いところは、スイカそのままの甘さを思う存分味わいます。甘さがうすれてきたら、塩の登場。塩をかけると、なんかおいしくなるのです。もちろん、うちの塩です。

野イチゴを摘む

 道脇に野イチゴがたくさんなっている。簡単に採れるので、今年は3キロ程もとれた。次々に大きく、赤くなっていくのでまだまだ採れそう。

 犬のこめ、散歩の途中でイチゴを食べる。野イチゴの棘ってすごく痛いんですけど、そんなのおかまいなし。最近は、散歩に行きたいのか、イチゴを食べたいのかリードをもって近づくと大はしゃぎです。

0 コメント

にわとり鳴き合戦

 2月に紹介した、奇跡の生き残りの烏骨鶏。立派に成長しました。残念ながら雄鶏。鶏小屋にいた2羽のひよこも、立派に成長しました。2羽とも雄鶏。めんどりを期待していたのに残念ですが、きれいな鶏です。

 いつも元気に鳴いていますが、なんか下手くそ。3羽が競うように鳴いています。聴いてやってください。

0 コメント